70年前に戻すことには寛容なのか




北國新聞

きょうのコラム『時鐘』

2015/01/24



さまざまな政治理念(せいじりねん)や思想(しそう)・宗教(しゅうきょう)がある。

どれが良(よ)くてどれが悪(わる)いといえない。

思想・信条(しんじょう)・宗教の自由(じゆう)を認(みと)める民主主義(みんしゅしゅぎ)は、

何千年もの時間と犠牲(ぎせい)を払(はら)って手にした知恵(ちえ)だ。


民主主義は明日(あす)に向(む)かって進(すす)む。

矛盾(むじゅん)があっても改善(かいぜん)しながら前に進む。

その逆で、過去(かこ)に戻(もど)れと叫(さけ)ぶ思想がある。

大昔に理想国家(りそうこっか)が存在(そんざい)したという。

一種(いっしゅ)の「神話(しんわ)」だが、世界中どこの国にもある発想(はっそう)だ。

そこまでなら認(みと)め合(あ)える。


しかし、過去に戻ろうとする人々は「今(いま)」を破壊(はかい)しないと昔に戻れない。

人間が積(つ)み重(かさ)ねてきた「命(いのち)を大切にする」

民主主義の努力(どりょく)を踏(ふ)みにじる。

最近の例(れい)で言えば7世紀の中東世界(ちゅうとうせかい)を理想とする「イスラム国」だ。


過去を理想とするこの集団(しゅうだん)にも掟(おきて)はあり「殺人は死刑(しけい)」で、

泥棒(どろぼう)も強盗(ごうとう)も厳罰(げんばつ)だという。

なんという矛盾。なんという独善(どくぜん)か。

こんなテロ集団に理想社会が築(きず)けるわけがない。

だが、この蛮行(ばんこう)が横行(おうこう)するのも世界の現実だ。厳粛(げんしゅく)に受け止める。


それでも、よりよい明日があると信じて前に進む。過去に戻って理想にたどり着(つ)いた例はない。

時計(とけい)の針(はり)を逆(ぎゃく)に回すことはできない。

(転載終了)






70年前に戻すことには寛容なのか。   ????








♪ お薦めブログ

Copyright (C) 2012 えちごや all rights reserved

ブラック企業対策




ブラック企業対策が言われている。


ブラック企業対策は安倍に退陣してもらうことが最も有効と考える。


ブラック企業のトップを公認するような政党に

労働者の暮らしをよくする妙案などあるはずもない。








♪ お薦めブログ

Copyright (C) 2012 えちごや all rights reserved

イスラム国を壊滅させる ???




 
アメリカのオバマ大統領が一般教書演説で、イスラム国を壊滅させると改めて宣言をした。


が、力で壊滅を図っても何も解決しない。

度重なる中東介入で事態は改善したか。


各国政府や御用メディアのいう過激派とはかつて自分たちが育てた軍事組織が変貌したものだ。

自分たちの都合で招集、軍事訓練を受けさせ、自分たちの分身として都合よく使ってきた。

しかし、彼らに見返りはあったのか。


東西冷戦は終結した。

が、今アメリカが問われている。

中東の資源はそこに暮らす人々の生活を豊かにしたのか。

永年の力による収奪への反撃が開始され始めている。そのひとつがイスラム国だ。


テロに怯えるアメリカの日々は自らの経済の基盤に後ろめたさを感じればこそである。

「テロとの戦い」とは「テロを産み出すような収奪経済との決別」でなければならない。

何万トンの爆薬を投じてもアメリカが枕を高くして眠れる夜はやってこない。

投じた爆薬に比例して怯えの日々が続くだけだ。


アメリカ一国だけではない。

先進国のほとんどは同じ宿命を背負っている。

冷戦構造が終わり、核が全世界に広がっている実情を念頭に置いておかないと

地球の破滅はフィクションだとは言えないことになる。 


原油安はイスラム国の資金源を絶つために仕組まれたものだ。

需給関係がそうさせたわけではない。中学生にでもわかる図式だ。

結果として身代金目当ての事件が起きるのは当然予測しなければならないわけで、

降って湧いたようにいうニホンのメディアの論評には失望を禁じ得ない。


政府なら当然それに対する構えもあったであろうに今回の右往左往ぶりを見ると

危機管理能力は無きに等しい。

こんな国が戦争を目指すとしたら、あの「玉音放送」を再び聞くことになる。 

この国の国家運営能力は70年前のままだ。


「戦争」を煽って軍需産業で金儲けすることと「戦争」は違う。

強欲で能天気な政治家や資本家には戦争はできない。

彼らに踊らされては国を滅ぼす。                           


兵法の極意は戦わぬことにある。

全方位外交、世界の恒久平和のみが子孫たちの明日を約束してくれる。








♪ お薦めブログ

Copyright (C) 2012 えちごや all rights reserved

一連の外遊は武器輸出のトップセールスだ




安倍総理の中東政策スピーチのなかで



イラク、シリアの難民・避難民支援、トルコ、レバノンへの支援をするのは、

ISILがもたらす脅威を少しでも食い止めるためです。

地道な人材開発、インフラ整備を含め、ISILと闘う周辺各国に、総額で2億ドル程度、支援をお約束します。



とある。



「ISILがもたらす脅威を少しでも食い止めるため」


「ISILと闘う周辺各国に」



この部分はISILを敵として認識していなければでてくる文言ではない。

ISILと対峙する国へ資金提供すれば名目は何であれ、軍事支援と見られるのは必至だ。

敵対関係にあるものを支援すれば、対峙する勢力から見れば敵対行為になる。当然ではないか。

ニホンの政治家もメディアも世界の情勢、とりわけ紛争と向き合っている地域の状況がわかっていない。

あまりに鈍感すぎる。極楽とんぼだ。



人道支援を曲解された、とメディアは報道している。


が、曲解か。



民主党内閣の時から武器輸出がいわれ、安倍内閣ではさらにエスカレートしてきた。

武器購入を期待してこその外遊ではなかったのか。

国内メディアは丸め込めても外国の勢力には通用しない。

安倍は武器を売りに来た・・・そう捉えられている。


一連の外遊は武器輸出のトップセールスだ。流れを見ればそう読める。

武器を製造できない国、そして、必要としている国を次々と訪れている。

それが今度の事件を招いた。


不用意な発言とは心にないことを言う訳ではない。

抑えておかねばならない本音を口にしてしまうことだ。


支援目的を述べた箇所で「ISILの脅威を食い止めるため」としたことは

武器のセールスマンなら当然でてくる文言だ。

人道支援とは表向きの表現に過ぎない。

政府の発表や御用メディアの報道を真に受けていると我々は再び怪しげな社会に誘導されてしまう。



民主党も決して他人事ではない。批判などできる立場にはない。








♪ お薦めブログ

Copyright (C) 2012 えちごや all rights reserved

人道支援を曲解された? 武器を売りにいった安倍




外務省ホームページ

安倍総理大臣の中東政策スピーチ

(中庸が最善:活力に満ち安定した中東へ 新たなページめくる日本とエジプト)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/me_a/me1/eg/page24_000392.html




イラク、シリアの難民・避難民支援、トルコ、レバノンへの支援をするのは、

ISILがもたらす脅威を少しでも食い止めるためです。

地道な人材開発、インフラ整備を含め、ISILと闘う周辺各国に、総額で2億ドル程度、支援をお約束します。



とある中で、



「ISILがもたらす脅威を少しでも食い止めるため」


「ISILと闘う周辺各国に」



この部分はISILを敵として認識していなければでてくる文言ではない。

ISILと対峙する国へ資金提供すれば名目は何であれ、軍事支援と見られるのは必至だ。

敵対関係にあるものに支援すれば、対峙する勢力から見れば敵対行為になる。当然ではないか。

ニホンの政治家もメディアも敵対関係にあるものが対峙しているという状況がわかっていない。

あまりに鈍感すぎる。極楽とんぼだ。



人道支援を曲解された、とメディアは報道している。

が、曲解か。


民主党内閣の時から武器輸出がいわれ、安倍内閣ではさらにエスカレートしている。

武器購入を期待してこその外遊ではなかったのか。

国内メディアは丸め込めても外国の勢力には通用しない。

安倍は武器を売りに来た・・・そう捉えている。

事実もそういうことだろう。流れを見ればそう読める。

それが今度の事件を招いた。

民主党も決して他人事ではない。批判などできる立場にはない。








♪ お薦めブログ

Copyright (C) 2012 えちごや all rights reserved

2015年1月22日の感想




ロシアの声

ロシアの「カラシニコフ」社の銃器を輸入している米Russian Weapon Company社は、

近いうちにも、米領内でカラシニコフ社の自動小銃を製造する方針。

CNNが伝えたところによると、2015年の第二四半期にも製造が開始される。-------




        ※ 冷戦時代には想像もできないことだ。  どうなってんだ こりゃ。



                          剱




--------------------------------------------------------------------------------------



政府、人質交渉の交渉人捜しに苦慮。

国外に出たこともない大司教に白羽の矢を立てる・・・・???

限られた時間の中、公安はまたしてもチョンボ。

警察庁長官狙撃事件では犯人が名乗り出たにも拘わらず、面子のために放置。

今また常岡、中田両氏の自由を制限したことで外交のカードを失った。

組織解体を言われても仕方のない状況だ。




                             剱
          



--------------------------------------------------------------------------------------



メディアはアメリカのテロ対策に期待を示す。・・・・

?????

力で抑え込むことが今の混沌とした中東情勢をつくってきたのではなかったか。

アメリカ頼みの和平は賞味期限が切れている。

アメリカが出て行けば世界大戦の危険も懸念される。

60年代とは情勢が大きく様変わりしている。



                              剱




--------------------------------------------------------------------------------------








♪ お薦めブログ

Copyright (C) 2012 えちごや all rights reserved

鍵は我々の手にある




身代金を払っても地獄、見殺しにしても地獄、手をこまねいていても地獄、

まさに STAR TREK の「コバヤシマル」だ。

自己愛性パーソナリティ障害をささやかれる安倍にはあまりにも重い課題だ。


他人には重圧を与えるが、自身はめっぽう重圧に弱い。彼のような性格に特徴的なことだ。

耐えきれなくなると逃げ出したり、自殺したり・・・ そんな例をいくつも見てきた。


先の大戦が終わったとき先輩たちは「コバヤシマル」の答にたどり着いた。

それが日本国憲法だった。

そのうち前文および9条は時代と地域を超えて今なお世界に発信し続けている。

であればこそ、国外に於いて9条のノーベル平和賞受賞に向けて運動が起こされてもいる。


混沌とした時代に幕を引くべく、先輩たちは世界に比類のない憲法づくりに心血を注いだ。

二度と戦争はすまいという強い決意を胸に秘めた人々によってつくられたことは疑いようもない事実だ。

その人たちの目の色、髪の色を問題にするのは戦争の惨禍を自らの体験と認識できない、

戦争経済の熱病に冒された亡者どもだろう。恥ずべきとはこの者たちを言う。


命を守るといいながら、武器を売り歩き戦争の危険を拡大する者たちを排除しなければならない。

世界の恒久平和に抗するものは政治の舞台から永久に追放しなければならない。


世界がまた混沌として来た今だからこそ、平和憲法をもつ日本の役割が期待される。

全体を見誤って戦争経済で利を得ようとすれば、このニホンは今度こそ間違いなく地上から姿を消すだろう。


ヒロシマ、ナガサキ、フクシマ・・・ そして トウキョウ ・・・





だが、鍵は我々の手にある。







参考

STAR TREK 艦長試験問題「コバヤシマル」
http://gravitational-wave.air-nifty.com/tobenaiposuto/2015/week4/index.html#entry-81641475








♪ お薦めブログ

Copyright (C) 2012 えちごや all rights reserved

紛争解決に尽力することが先だ




( 2015/01/22 東京新聞社説より )

二億ドルは「人道支援、インフラ整備など非軍事の分野」や

「イラク、シリアの難民・避難民支援、トルコ、レバノンへの支援」であり、

「イスラム国」側が指摘する「女性や子どもを殺害する」ものでは決してない。

(引用終了)



?????

金はどうにでも使える。また仮に人道支援、非軍事分野としても、

敵対関係にあるものを支援すれば敵対行為に見られるのは必至ではないか。

東京新聞さんともあろうかたが何をすっとんきょうなことを言っているのか。


日本は戦後、海外で武力の行使をしない「平和主義」に徹し、中東外交では欧米と一線を画してきた。・・??

しかし、それを反故にしようとするのが現政権ではないか。それ故、敵対行為と見られているのだ。


現地でいかなる非人道的なことが行なわれようと、餓死者が出ようとも不用意に手を出すべきでない。

敵対関係が終結しなければいかなる援助も行なってはならない。

紛争に巻き込まれることからニホンを守らなくてはならない。それが政ではないか。

紛争解決に尽力することが先だ。








♪ お薦めブログ

Copyright (C) 2012 えちごや all rights reserved

2015年1月21日の感想




前衆議院議員・三谷英弘氏は、中東での安倍のスピーチは一貫して平和外交を訴えていたが、

英文のスピーチの一部分は資金の面で戦争に加担すると読める内容になっていると指摘している。



そうだろうか。

ISILと闘う周辺各国に支援をお約束します・・・との文言は

ニホン語でも十分 ISと戦う兵力や施設を整えるための資金を提供する と読める。

「安倍首相の真意」とはまさにここにあると読むのがまっとうな解釈だ。

武器輸出を容認し、集団的自衛権行使の方向へ進んでいる国が今さら別に真意がありますとでも言うのか。

そんなことを信じる能天気な人間はニホンにしかいない。

よくそれで国会議員が務まったことだ。 あ、だから落選か。有権者は見ている。


この人質事件は起こるべくして起こった。

日本国憲法を放り出し、軍国主義体制をひた走る結果がこれだ。

好戦的総理、反動的自公体制の責任は極めて極めて重大だ。。



                         剱




--------------------------------------------------------------------------------------



世界はそうは甘くはなかった・・ということだ。


NHKをも乗っ取り、軍国主義路線まっしぐらのヒトラー安倍の政治は机上の空論であって、

妄想に近いものだ。右往左往する姿が如実に語っている。


イスラム国とのつながりがある人物の動きを封じた公安のありかたは外交の幅を狭めるものであり、

決してニホン社会のためになるものではない。

政にはあらゆる選択肢を用意しておく必要がある。

リエゾンを用意できていないとしたら、外交など成り立たず、政府とは言えまい。

「この道しかない」は国の存続を危うくする。



                    剱



[参考]

リエゾンたちの会話

http://gravitational-wave.air-nifty.com/tobenaiposuto/2013/week28/index.html#entry-76992634




--------------------------------------------------------------------------------------



喧嘩を売るという認識があったのか。 

が、言動は誰が見ても喧嘩を売っている。

日本国憲法が歯止めになり、70年間、他国と争うことなく、国際的評価も得てきた。

自公政権がすべてを台無しにした。

戦後レジームからの脱却が本格化したようだ。



           
                  剱
                      
                           


--------------------------------------------------------------------------------------



2億ドルの拠出は避難民への人道支援 ・・・ そんな見え透いた嘘をよく言えるものだ。

日頃の言動を見れば戦争したくて仕方がない政府であることは誰の目にも明らかだ。

紛争の当事国へ行って資金援助すれば戦争を支援するってことだろう。

嘘ではなく、本当にそう思ってるなら、こいつぁアホやで。



                    剱




--------------------------------------------------------------------------------------



安倍内閣では国の存続を危うくする。

今回の人質事件はそれを如実に物語っている。

安倍内閣 --- 今がタオルを入れるタイミングだろう。

                        

                 剱




--------------------------------------------------------------------------------------



絶望のとなりに誰かがそっと腰かけた。

 

絶望はとなりの人に聞いた。

 

『あなたはいったい誰ですか?』

 

となりの人は微笑んだ。

 

『私の名前は希望です』



         やなせたかし





--------------------------------------------------------------------------------------








♪ お薦めブログ

Copyright (C) 2012 えちごや all rights reserved

2015年1月20日の感想




新プリウス、燃費世界最高のリッター40kmに・・・

そんなニュースが流れていた。


しかし、車を燃費だけで見るのは危険だ。

車選びのポイントは他にいろいろある。

それに、謳っているのはカタログ値であることを忘れてはならない。

実燃費はかなり落ちる。


私は初代プリウスに15年乗っていたが、いわれるほどの性能はなかった。

燃費は28.0km/l(10・15モード)といわれていたが、実燃費は19.0km/lほどだった。

にしては、高い。

性能が上がったといっても実燃費がカタログ値を大きく下回ることは国産車の常だ。


昨年、VWのPOLOに乗り換えた。

JC08モード21.2km/lとなっていたが実燃費は18.0~19.0km/l

VWは実燃費が落ちない。

               
マニュアル車を思わせる走り、静粛性、高速での安定感など

カタログに現れない部分では国産車を圧倒している。


ハイブリッド技術は確かにTOYOTAがリードしている。

しかし、ハイブリッドというのは燃費向上というより

電気ターボと考えておいた方が期待を裏切られることはない。

強い走りをアシストする・・15年乗った者としてこれだけは保証できる。


が、ニホン車は技術はあっても哲学がない ・・・ というのがVWに乗り換えて痛感したことだ。           


また、メーカーが華やかに宣伝する省エネというのも環境負荷も含めたトータルで判断しないと

     
消費者は陰に隠された大きなコストも負担させられることになる。

くれぐれも眉につばをつけて判断しないと高い買い物になる。


燃費向上もいいが、営業マンがインカムを着けて接客するようではとてもまともな会社とは思えない。

礼を欠くにもほどがある。私がTOOTAを見限ったのもそこにある。

商品をよくするだけでは企業の未来はない。




--------------------------------------------------------------------------------------



言論の自由は人間の尊厳にとって大切な価値であり、

国民の幸福を求める権利にとって必要不可欠な要素である

国家権力を合理的方法で監視・規制する手段である


産経新聞支局長事件で韓国の裁判所が判決文の中で述べていたこととして産経が伝えていた。


ぅん?・・・ そりゃ、産経に向かって言ってる言葉じゃないのか。


産経新聞よ、肝に銘じろ !! 他人事みたいに言ってるんじゃない !!



                         
--------------------------------------------------------------------------------------



NHKは日増しに酷くなっている。安倍化が進み、言論の府と言える状況にない。

政府の広報機関、安倍の私物になっている。

このような事態になっているのに 受信料を払い続けていてよいのか。

社会を変えるのは選挙だけではないはず。

行動を起こさず、ただ傍観しているなら政治家を名乗る資格なし。


                         

                       
--------------------------------------------------------------------------------------



安倍親衛隊が打ち出した方針では贈与税が随分と優遇されるようだ。

いずれ全廃ともなりかねない。

贈与税の優遇政策は、国の形を崩してしまいかねない。

働かなくても祖父母の資産をあてにすればよいということになれば社会の根底が崩れてしまう。

働いて得た金で生活するという基本思想を継続できる体制が崩れてしまう。


贈与税軽減は富の再分配に逆行する考え方であり、格差の固定化を狙ったものだ。     




--------------------------------------------------------------------------------------



安倍首相が、積極的平和主義と称して中東を歴訪している。

資源・エネルギー確保に重点を置くのはよいが、対立を煽るような言動は厳に慎むべきだ。


「イスラム国」対策を言うが、所詮は収奪に対する抵抗を抑え込むことに他ならない。


安倍は「中庸」を重んじる必要性を強調したとある・・・・???

それは違うだろう。 

わざわざ宗教対立のど真ん中へ乗り込んで、一方に加勢することを宣言する愚を犯して「中庸」といえるか。

過激主義を批判するが、自らの政治姿勢こそ超過激主義だ。

福祉を削り、国民の暮らしをぶち壊し、軍事費だけを突出させ、外国に行って喧嘩を売ってくる。

                
これでは内政、外交ともに早晩破綻し、国民は大きなツケに苦しむことになる。



                                    
             
--------------------------------------------------------------------------------------



“残業代ゼロ制度”と呼ばれる労働時間規制の適用除外を厚生労働省は画策している。

「年収1075万円以上」の研究開発業務などに限定するとのことだが、

こんなものは導入の方便に過ぎない。

いったん導入されれば、やがて制限は撤廃、すべての労働者が対象となろう。


政府そのものがブラック企業化していることを考えれば、

国中がタコ部屋になるのは時間の問題だ。

倒閣運動を放棄している岡田民主党には何も期待できない。

加えて、政治家たちのほとんどが安倍のNHK支配に抵抗すらしない状況下では

この国がナチス化していくことを止める手だてはない。



                           

--------------------------------------------------------------------------------------








♪ お薦めブログ

Copyright (C) 2012 えちごや all rights reserved

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

脱原発で日本再生

ようこそとべないポストへ

更新情報はRSSリーダーでご確認ください

  • Subscribe with livedoor Reader
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ただいまの時刻は・・・

水のごとくに  無文翁

「私」という宇宙

文言で語る世界      文言でしか語れない世界

そったらことも      わからいでかの

"さんづけ"を多用する社会

危険ゾーンに入ってきた

こうして戦争へ向けた世論が形成されていく

感じませんか

紛争解決に尽力することが先だ

ユニオンジャックのガラス窓

原爆許すまじ

政に想定外はない

子どもの声が届かない

永田町住人たちの犯罪

永田町住人たちの犯罪2

その『神様』とは・・

クリーンなイメージ???

投票時間繰り上げ

私たちは騙されない

これでも放送受信契約を結びますか?

小異を残して大同につく

上意下達(じょういかたつ)

100年経っても変わらない

オリンピックはスポーツか

おせんで泣かすな

手袋をしていませんか

そもそも そもそも論が欠けていないか

風評じゃない!

何ひとつ解決できていない

誘導されていませんか? その法務行政

みんなちがってみんないい

65歳以上の独居老人に福祉は必要か?

厚労省は自由診療体制に誘導か?

奇妙きてれつ

会員No.1095

PURPLE RAIN

ニュートラルにするということ

バイタルサインを測る

異変を見逃す若者

現代詩を詠む一休禅師

沢庵和尚も浮かばれません

呆けたか 尾関宗園 

We shall overcome

ウソつかない政党

フォト

ココログの水辺

季節と共に・・・・・  アーティスト和泉淑子からのメッセージ

被災地の声

すてきな blog たち

こころ

我ら いきとしいけるもの

図書館

おすすめの本

おすすめの映画

日本の随筆

日本の詩

日本の文化

Aida____________Nikolaychuk

幸せの情景 荒木経惟

カルチャースクール   社交ダンス(初級)

Audio

中古盤 輸入盤 国内盤 アナログ盤 CD

科学の世界へ

小出裕章氏情報土曜21:00~

外国政府の検閲用FireWallを超えて、 世界に自由にアクセス

911冤罪被害者    山崎淑子さん   

主権は私たち市民に

生活の党 森ゆうこ

森ゆうこ著書

生活の党 東 祥三

いまだから 安心のフード

  • ずっと、赤ちゃん品質 | 和光堂
  • 妊娠~育児 楽しい食のおいしいサイト わこちゃんカフェ

食生活を豊かに

たいせつにしたいね   お茶のひととき

白山伏流水の恵み

からだ

香りのある暮らし

と~ってもさわやか

和泉淑子の宝石のような ギフトフラワー

園 芸

真の車をめざして

空もよう

我々はどこまで近づいたか

無料ブログはココログ

RSSを表示

RSS登録はこちらから

  • Subscribe with livedoor Reader

アクセス数

トップに戻る