オタマジャクシが降ってくる




私の住む石川県ではよくオタマジャクシが降ってくる。

2011年6月には加賀市で2009年には七尾市で多くのオタマジャクシがみつかった。

近頃では天気予報の時間に「オタマジャクシ予報」をしていて観光客を驚かせている。


「オタマジャクシ予報」のことは冗談だが初めての時より反応も落ち着いてきているのは事実だ。

サギの落とし物説が有力だがつむじ風説を言う人もいて最終結論には至っていないようだ。

豊かな自然ってことよ、と涼しげにこたえる友人もいる。

オタマジャクシ騒動をどう見ますか。何人かに尋ねてみた。


   「いやぁ~ オタマジャクシのことはわからんわ」


   「自分 理科系弱いし・・・」


の返事がほとんどだ。

私が問題と感ずるのはオタマジャクシそのものではなくこの「騒動」から私たちは何を学ぶかだ。

一つの事象に対して分析することもできず、

異常を異常のまま見過ごしているとその陰に隠れた重大な警告を見のがしてしまう。

工場での安全管理、危険回避の底にある考え方は社会現象に対しても同じだろう。


私たちの周りでは日々、さまざまなことが起き、俊敏な対応を求められる。

何度も体験していること、滅多に起きないこと、初めて体験すること、いろいろであっても、

暮らしを守るためには「想定外」などとは言っていられない。

学識や技術を総動員して対処しなければならない。


しかし、昨今の財源不足とやらで、予算がつくのはすぐさま利益になりそうな部門ばかりだ。

産官学共同研究にはスポットライトはあたるが、地味な基礎研究部門は資金難にあえいでいる。

すぐさま成果の出ないものは疎んじられている。

確かに、理論物理学や分子生物学で画期的成果があったからといって、どこかの株価が上がるものでもない。


しかし、fundamentalな研究あってこその応用科学だろう。

「異常」は「変わりばえのしない日常」の観察があってこそ見えてくるものだ。

オタマジャクシ騒動はfundamentalな研究がないがしろにされている証左といえる。


近視眼的な応用科学偏重の社会は薄っぺらな未来しか見ることはできない。

短兵急に日々の利益を貪る似非資本家たちに地球の諸問題の解決はできない。

一見、箸にも棒にもかからないようなものでも思わぬ利益を生むということはよく聞く。

コーディネート次第で社会はいくらでも変化する。

基礎科学の充実とコーディネーターの養成が求められている。


「つまらないもの」「取るに足らないもの」が大事にされる社会はあらゆる変化に適応できる

潜在力を有する豊かな社会といえる。









参考までに・・・

@nifty:デイリーポータルZ:オタマジャクシは降っているのか in 加賀
http://portal.nifty.com/kiji/110629145386_1.htm









♪ お薦めブログ

Copyright (C) 2012 えちごや all rights reserved

オタマジャクシが降ってくる




私の住む石川県ではよくオタマジャクシが降ってくる。

2011年6月には加賀市で2009年には七尾市で多くのオタマジャクシがみつかった。

近頃では天気予報の時間に「オタマジャクシ予報」をしていて観光客を驚かせている。


「オタマジャクシ予報」のことは冗談だが初めての時より反応も落ち着いてきているのは事実だ。

サギの落とし物説が有力だがつむじ風説を言う人もいて最終結論には至っていないようだ。

豊かな自然ってことよ、と涼しげにこたえる友人もいる。

オタマジャクシ騒動をどう見ますか。何人かに尋ねてみた。


   「いやぁ~ オタマジャクシのことはわからんわ」


   「自分 理科系弱いし・・・」


の返事がほとんどだ。

私が問題と感ずるのはオタマジャクシそのものではなくこの「騒動」から私たちは何を学ぶかだ。

一つの事象に対して分析することもできず、

異常を異常のまま見過ごしているとその陰に隠れた重大な警告を見のがしてしまう。

工場での安全管理、危険回避の底にある考え方は社会現象に対しても同じだろう。


私たちの周りでは日々、さまざまなことが起き、俊敏な対応を求められる。

何度も体験していること、滅多に起きないこと、初めて体験すること、いろいろであっても、

暮らしを守るためには「想定外」などとは言っていられない。

学識や技術を総動員して対処しなければならない。


しかし、昨今の財源不足とやらで、予算がつくのはすぐさま利益になりそうな部門ばかりだ。

産官学共同研究にはスポットライトはあたるが、地味な基礎研究部門は資金難にあえいでいる。

すぐさま成果の出ないものは疎んじられている。

確かに、理論物理学や分子生物学で画期的成果があったからといって、どこかの株価が上がるものでもない。


しかし、fundamentalな研究あってこその応用科学だろう。

「異常」は「変わりばえのしない日常」の観察があってこそ見えてくるものだ。

オタマジャクシ騒動はfundamentalな研究がないがしろにされている証左といえる。


近視眼的な応用科学偏重の社会は薄っぺらな未来しか見ることはできない。

短兵急に日々の利益を貪る似非資本家たちに地球の諸問題の解決はできない。

一見、箸にも棒にもかからないようなものでも思わぬ利益を生むということはよく聞く。

コーディネート次第で社会はいくらでも変化する。

基礎科学の充実とコーディネーターの養成が求められている。


「つまらないもの」「取るに足らないもの」が大事にされる社会はあらゆる変化に適応できる

潜在力を有する豊かな社会といえる。









参考までに・・・

@nifty:デイリーポータルZ:オタマジャクシは降っているのか in 加賀
http://portal.nifty.com/kiji/110629145386_1.htm









♪ お薦めブログ

Copyright (C) 2012 えちごや all rights reserved

オタマジャクシが降ってくる




私の住む石川県ではよくオタマジャクシが降ってくる。

2011年6月には加賀市で2009年には七尾市で多くのオタマジャクシがみつかった。

近頃では天気予報の時間に「オタマジャクシ予報」をしていて観光客を驚かせている。


「オタマジャクシ予報」のことは冗談だが初めての時より反応も落ち着いてきているのは事実だ。

サギの落とし物説が有力だがつむじ風説を言う人もいて最終結論には至っていないようだ。

豊かな自然ってことよ、と涼しげにこたえる友人もいる。

オタマジャクシ騒動をどう見ますか。何人かに尋ねてみた。


   「いやぁ~ オタマジャクシのことはわからんわ」


   「自分 理科系弱いし・・・」


の返事がほとんどだ。

私が問題と感ずるのはオタマジャクシそのものではなくこの「騒動」から私たちは何を学ぶかだ。

一つの事象に対して分析することもできず、

異常を異常のまま見過ごしているとその陰に隠れた重大な警告を見のがしてしまう。

工場での安全管理、危険回避の底にある考え方は社会現象に対しても同じだろう。


私たちの周りでは日々、さまざまなことが起き、俊敏な対応を求められる。

何度も体験していること、滅多に起きないこと、初めて体験すること、いろいろであっても、

暮らしを守るためには「想定外」などとは言っていられない。

学識や技術を総動員して対処しなければならない。


しかし、昨今の財源不足とやらで、予算がつくのはすぐさま利益になりそうな部門ばかりだ。

産官学共同研究にはスポットライトはあたるが、地味な基礎研究部門は資金難にあえいでいる。

すぐさま成果の出ないものは疎んじられている。

確かに、理論物理学や分子生物学で画期的成果があったからといって、どこかの株価が上がるものでもない。


しかし、fundamentalな研究あってこその応用科学だろう。

「異常」は「変わりばえのしない日常」の観察があってこそ見えてくるものだ。

オタマジャクシ騒動はfundamentalな研究がないがしろにされている証左といえる。


近視眼的な応用科学偏重の社会は薄っぺらな未来しか見ることはできない。

短兵急に日々の利益を貪る似非資本家たちに地球の諸問題の解決はできない。

一見、箸にも棒にもかからないようなものでも思わぬ利益を生むということはよく聞く。

コーディネート次第で社会はいくらでも変化する。

基礎科学の充実とコーディネーターの養成が求められている。


「つまらないもの」「取るに足らないもの」が大事にされる社会はあらゆる変化に適応できる

潜在力を有する豊かな社会といえる。









参考までに・・・

@nifty:デイリーポータルZ:オタマジャクシは降っているのか in 加賀
http://portal.nifty.com/kiji/110629145386_1.htm









♪ お薦めブログ

Copyright (C) 2012 えちごや all rights reserved

その他のカテゴリー

脱原発で日本再生

ようこそとべないポストへ

更新情報はRSSリーダーでご確認ください

  • Subscribe with livedoor Reader
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ただいまの時刻は・・・

水のごとくに  無文翁

「私」という宇宙

文言で語る世界      文言でしか語れない世界

そったらことも      わからいでかの

"さんづけ"を多用する社会

危険ゾーンに入ってきた

こうして戦争へ向けた世論が形成されていく

感じませんか

紛争解決に尽力することが先だ

ユニオンジャックのガラス窓

原爆許すまじ

政に想定外はない

子どもの声が届かない

永田町住人たちの犯罪

永田町住人たちの犯罪2

その『神様』とは・・

クリーンなイメージ???

投票時間繰り上げ

私たちは騙されない

これでも放送受信契約を結びますか?

小異を残して大同につく

上意下達(じょういかたつ)

100年経っても変わらない

オリンピックはスポーツか

おせんで泣かすな

手袋をしていませんか

そもそも そもそも論が欠けていないか

風評じゃない!

何ひとつ解決できていない

誘導されていませんか? その法務行政

みんなちがってみんないい

65歳以上の独居老人に福祉は必要か?

厚労省は自由診療体制に誘導か?

奇妙きてれつ

会員No.1095

PURPLE RAIN

ニュートラルにするということ

バイタルサインを測る

異変を見逃す若者

現代詩を詠む一休禅師

沢庵和尚も浮かばれません

呆けたか 尾関宗園 

We shall overcome

ウソつかない政党

フォト

ココログの水辺

季節と共に・・・・・  アーティスト和泉淑子からのメッセージ

被災地の声

すてきな blog たち

こころ

我ら いきとしいけるもの

図書館

おすすめの本

おすすめの映画

日本の随筆

日本の詩

日本の文化

Aida____________Nikolaychuk

幸せの情景 荒木経惟

カルチャースクール   社交ダンス(初級)

Audio

中古盤 輸入盤 国内盤 アナログ盤 CD

科学の世界へ

小出裕章氏情報土曜21:00~

外国政府の検閲用FireWallを超えて、 世界に自由にアクセス

911冤罪被害者    山崎淑子さん   

主権は私たち市民に

生活の党 森ゆうこ

森ゆうこ著書

生活の党 東 祥三

いまだから 安心のフード

  • ずっと、赤ちゃん品質 | 和光堂
  • 妊娠~育児 楽しい食のおいしいサイト わこちゃんカフェ

食生活を豊かに

たいせつにしたいね   お茶のひととき

白山伏流水の恵み

からだ

香りのある暮らし

と~ってもさわやか

和泉淑子の宝石のような ギフトフラワー

園 芸

真の車をめざして

空もよう

我々はどこまで近づいたか

無料ブログはココログ

RSSを表示

RSS登録はこちらから

  • Subscribe with livedoor Reader

アクセス数

トップに戻る