チェルノブイリレポート




衆議院チェルノブイリ原子力発電所事故等調査議員団報告書

http://www.shugiin.go.jp/itdb_annai.nsf/html/statics/shiryo/201110cherno.htm


「チェルノブイリの長い影」

http://www.shugiin.go.jp/itdb_annai.nsf/html/statics/shiryo/cherno10.pdf/$File/cherno10.pdf




「とある原発の溶融貫通(メルトスルー)」より


チェルノブイリで子どもの甲状腺がん80倍に

被曝と健康  原発とIAEA

事実をこっそり教えるレポート

http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/6848433.html


(内容)

衆議院がHP上にひっそり掲載している報告書が、ネット上で注目を集めつつある。

チェルノブイリ事故の健康被害について、IAEAの報告を「楽観的」と完全に否定するものだ。


「チェルノブイリの長い影」


問題の報告書は「衆議院チェルノブイリ原子力発電所事故等調査議員団報告書」。

2011年10月に衆議院の調査団がチェルノブイリ事故で被害を受けたウクライナ、オーストリア、

フランスなどを訪問した報告にウクライナの専門家がまとめたレポートを加えたもの。


「チェルノブイリの長い影 チェルノブイリ書く事故の健康被害 研究結果の要約:2006年最新版」

と題されたこのレポートは、ウクライナ国立軍事医学研究会に所属するHorishna博士がまとめたもので、

現在日本政府がよりどころとするIAEAのレポートを完全に否定している。


IAEAレポートは公衆衛生の敵


外部被ばく量の基準値や食品のセシウム含有量基準値など、

日本政府の判断はIAEAの指揮により創設された「チェルノブイリフォーラム」の研究報告に基づく。


同フォーラムはチェルノブイリ事故と健康被害について、

科学的な結論を得るためIAEAや世界保健機構、国連などの専門家が集まって構成された。


調査報告を作成するにあたって、IAEAは数少ない限られた情報のみを根拠とするよう指導。

その結果、発表された「チェルノブイリが招いた重大な結果-医学的影響、

生態学的影響および社会経済学邸影響」では、さまざまな被害が過少に申告された。


たとえばウクライナ、ベラルーシ、ロシアで1992年~2000年に発生した子どもの甲状腺がんは、

同レポートでは約4000例とされているが、実際にはウクライナだけで3000例を上回っており、

汚染地域での発生率は事故前の80倍に達する。


Horishna博士は報告の中で、IAEAの報告は「公衆衛生を脅かす恐れがある」と指摘する。


一番大きな影響は「心配しすぎ」


IAEAのレポートはその他にも、「悪性腫瘍が著しく増えることはない」「遺伝的な影響はない」

「事故処理作業者にがんの増加などはない」など事態を楽観的に分析する。


実際には、1987年と2004年を比べたデータでは、小児のがんが約8.6倍に急増。

先天性の異常は4.4倍に、行動障害や精神障害も2倍に増加している。


またチェルノブイリ事故の処理作業に当たった労働者の2010年までの死亡率は21.7%と

その他の労働者に比べ、2.7倍にものぼる。


IAEAのレポートは、こういった事実を無視した上で、最も重大な健康被害は

「集団の心理学的健康に及ぼされる影響」と結論づけている。



外部リンク


◆衆議院チェルノブイリ原子力発電所事故等調査議員団報告書

http://www.shugiin.go.jp/itdb_annai.nsf/html/statics/shiryo/201110cherno.htm


◆チェルノブイリの長い影

http://www.shugiin.go.jp/itdb_annai.nsf/html/statics/shiryo/cherno10.pdf/$File/cherno10.pdf


(税金と保険の情報サイト)

http://www.tax-hoken.com/news_asWGsIa1AC.html


============================================



がんが80倍に増えているにもかかわらず,「心理学的健康」が最も重大な健康被害だって……。

さすが,IAEA。インチキな組織のインチキな報告。

しかし,ここに本でもよく聞きますね。この論調。

IAEAレポートと同様,信頼できませんね。

(以上)








♪ お薦めブログ

Copyright (C) 2012 えちごや all rights reserved

放射能の恐怖




知らないということは怖ろしいことです。


     痛みを分かち合おう


     フクシマを応援しよう


などと言って安易に放射能で汚染された食品を食べることは非常に危険です。


放射能は目に見えません。

まして原発事故は日本の社会にとって初めての体験です。対応に戸惑うのは当然です。


しかし、政府や原子力マフィアの言うことを信じていたら私たちは殺されてしまいます。

応援するのであれば避難民を受け入れることです。

私たちも一緒に被曝被害者になることではありません。


「放射線管理区域」では飲食はできません。

子供も立ち入れません。

子供を産み、育てることもできません。

その「放射線管理区域」より過酷な状況下で暮らせという国家とは何なのでしょう。

強い憤りを感じます。


除染などといっていますができるはずはないのです。

物理的にも金銭的にもとうてい出来るものではありません。利権の対象になるだけです。

チェルノブイリは結局放棄したではありませんか。


故郷を棄てることが簡単なことでないことは痛いほどわかります。

しかし、ひとの命を思うならあの日以来フクシマは無くなったと見るべきです。

原発事故とはこういうことなのです。


原子力マフィアや原発産業国のアメリカはフクシマを人体実験場ぐらいにしか見ていません。




(動画・資料)チェルノブイリ原発事故、被曝による脳への影響。中枢神経への影響が示唆されている。

日本でもラットによる、動物実験あり。

2012/04/30

http://portirland.blogspot.jp/2012/04/blog-post_4737.html


フクシマを食べて応援と言っていた女性が脳障害になり、大変な事態に・・

http://kobayashiasao.blog65.fc2.com/blog-entry-4129.html


大量の放射線を被ばくすると統合失調症が起こりやすくなるという報告からヒントを得て、

ラットの脳に放射線をあてる実験を行ったところ、

脳内の神経幹細胞数が著しく減少し、統合失調症と類似の症状が見られました。(浜松医科大)

http://www2.hama-med.ac.jp/w1b/psy/research/index.html


学会ダイジェスト:第76回日本循環器学会

2012年3月16日~18日 福岡

2012. 3. 20

東日本大震災後に心不全が有意に増加、ACS、脳卒中も

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/jcs2012/201203/524102.html


放射能による神経系の障害

http://infinitepower8.blog.fc2.com/blog-entry-9.html


神経系への放射線障害

http://merckmanual.jp/mmhe2j/sec06/ch088/ch088e.html


放射線障害

http://merckmanual.jp/mmhe2j/sec24/ch292/ch292a.html 






♪ お薦めブログ

Copyright (C) 2012 えちごや all rights reserved

福島 世界最悪の海洋汚染の罪




福島 世界最悪の海洋汚染の罪

http://www.youtube.com/watch?v=ecA-z8fW7ps&feature=relmfu


福島メルトダウンは、海の "世界最悪の"核汚染につながっている

http://www.treehugger.com/energy-disasters/fukushima-meltdown-has-led-worlds-worst-nuclear-pollution-sea.html


福島県防災世界最悪の原子力海洋汚染

http://www.youtube.com/watch?v=P5cEswpSnmM


海の福島核汚染は '世界最悪でした "

http://phys.org/news/2011-10-fukushima-nuke-pollution-sea-world.html








♪ お薦めブログ

Copyright (C) 2012 えちごや all rights reserved

放射能の恐怖




知らないということは怖ろしいことです。


     痛みを分かち合おう


     フクシマを応援しよう


などと言って安易に放射能で汚染された食品を食べることは非常に危険です。


放射能は目に見えません。

まして原発事故は日本の社会にとって初めての体験です。対応に戸惑うのは当然です。


しかし、政府や原子力マフィアの言うことを信じていたら私たちは殺されてしまいます。

応援するのであれば避難民を受け入れることです。

私たちも一緒に被曝被害者になることではありません。


「放射線管理区域」では飲食はできません。

子供も立ち入れません。

子供を産み、育てることもできません。

その「放射線管理区域」より過酷な状況下で暮らせという国家とは何なのでしょう。

強い憤りを感じます。


除染などといっていますができるはずはないのです。

物理的にも金銭的にもとうてい出来るものではありません。利権の対象になるだけです。

チェルノブイリは結局放棄したではありませんか。


故郷を棄てることが簡単なことでないことは痛いほどわかります。

しかし、ひとの命を思うならあの日以来フクシマは無くなったと見るべきです。

原発事故とはこういうことなのです。


原子力マフィアや原発産業国のアメリカはフクシマを人体実験場ぐらいにしか見ていません。




(動画・資料)チェルノブイリ原発事故、被曝による脳への影響。中枢神経への影響が示唆されている。

日本でもラットによる、動物実験あり。

2012/04/30

http://portirland.blogspot.jp/2012/04/blog-post_4737.html


フクシマを食べて応援と言っていた女性が脳障害になり、大変な事態に・・

http://kobayashiasao.blog65.fc2.com/blog-entry-4129.html


大量の放射線を被ばくすると統合失調症が起こりやすくなるという報告からヒントを得て、

ラットの脳に放射線をあてる実験を行ったところ、

脳内の神経幹細胞数が著しく減少し、統合失調症と類似の症状が見られました。(浜松医科大)

http://www2.hama-med.ac.jp/w1b/psy/research/index.html


学会ダイジェスト:第76回日本循環器学会

2012年3月16日~18日 福岡

2012. 3. 20

東日本大震災後に心不全が有意に増加、ACS、脳卒中も

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/jcs2012/201203/524102.html


放射能による神経系の障害

http://infinitepower8.blog.fc2.com/blog-entry-9.html


神経系への放射線障害

http://merckmanual.jp/mmhe2j/sec06/ch088/ch088e.html


放射線障害

http://merckmanual.jp/mmhe2j/sec24/ch292/ch292a.html 






♪ お薦めブログ

Copyright (C) 2012 えちごや all rights reserved

チェルノブイリレポート




衆議院チェルノブイリ原子力発電所事故等調査議員団報告書

http://www.shugiin.go.jp/itdb_annai.nsf/html/statics/shiryo/201110cherno.htm


「チェルノブイリの長い影」

http://www.shugiin.go.jp/itdb_annai.nsf/html/statics/shiryo/cherno10.pdf/$File/cherno10.pdf




「とある原発の溶融貫通(メルトスルー)」より


チェルノブイリで子どもの甲状腺がん80倍に

被曝と健康  原発とIAEA

事実をこっそり教えるレポート

http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/6848433.html


(内容)

衆議院がHP上にひっそり掲載している報告書が、ネット上で注目を集めつつある。

チェルノブイリ事故の健康被害について、IAEAの報告を「楽観的」と完全に否定するものだ。


「チェルノブイリの長い影」


問題の報告書は「衆議院チェルノブイリ原子力発電所事故等調査議員団報告書」。

2011年10月に衆議院の調査団がチェルノブイリ事故で被害を受けたウクライナ、オーストリア、

フランスなどを訪問した報告にウクライナの専門家がまとめたレポートを加えたもの。


「チェルノブイリの長い影 チェルノブイリ書く事故の健康被害 研究結果の要約:2006年最新版」

と題されたこのレポートは、ウクライナ国立軍事医学研究会に所属するHorishna博士がまとめたもので、

現在日本政府がよりどころとするIAEAのレポートを完全に否定している。


IAEAレポートは公衆衛生の敵


外部被ばく量の基準値や食品のセシウム含有量基準値など、

日本政府の判断はIAEAの指揮により創設された「チェルノブイリフォーラム」の研究報告に基づく。


同フォーラムはチェルノブイリ事故と健康被害について、

科学的な結論を得るためIAEAや世界保健機構、国連などの専門家が集まって構成された。


調査報告を作成するにあたって、IAEAは数少ない限られた情報のみを根拠とするよう指導。

その結果、発表された「チェルノブイリが招いた重大な結果-医学的影響、

生態学的影響および社会経済学邸影響」では、さまざまな被害が過少に申告された。


たとえばウクライナ、ベラルーシ、ロシアで1992年~2000年に発生した子どもの甲状腺がんは、

同レポートでは約4000例とされているが、実際にはウクライナだけで3000例を上回っており、

汚染地域での発生率は事故前の80倍に達する。


Horishna博士は報告の中で、IAEAの報告は「公衆衛生を脅かす恐れがある」と指摘する。


一番大きな影響は「心配しすぎ」


IAEAのレポートはその他にも、「悪性腫瘍が著しく増えることはない」「遺伝的な影響はない」

「事故処理作業者にがんの増加などはない」など事態を楽観的に分析する。


実際には、1987年と2004年を比べたデータでは、小児のがんが約8.6倍に急増。

先天性の異常は4.4倍に、行動障害や精神障害も2倍に増加している。


またチェルノブイリ事故の処理作業に当たった労働者の2010年までの死亡率は21.7%と

その他の労働者に比べ、2.7倍にものぼる。


IAEAのレポートは、こういった事実を無視した上で、最も重大な健康被害は

「集団の心理学的健康に及ぼされる影響」と結論づけている。



外部リンク


◆衆議院チェルノブイリ原子力発電所事故等調査議員団報告書

http://www.shugiin.go.jp/itdb_annai.nsf/html/statics/shiryo/201110cherno.htm


◆チェルノブイリの長い影

http://www.shugiin.go.jp/itdb_annai.nsf/html/statics/shiryo/cherno10.pdf/$File/cherno10.pdf


(税金と保険の情報サイト)

http://www.tax-hoken.com/news_asWGsIa1AC.html


============================================



がんが80倍に増えているにもかかわらず,「心理学的健康」が最も重大な健康被害だって……。

さすが,IAEA。インチキな組織のインチキな報告。

しかし,ここに本でもよく聞きますね。この論調。

IAEAレポートと同様,信頼できませんね。

(以上)








♪ お薦めブログ

Copyright (C) 2012 えちごや all rights reserved

福島 世界最悪の海洋汚染の罪


福島 世界最悪の海洋汚染の罪
http://www.youtube.com/watch?v=ecA-z8fW7ps&feature=relmfu

福島メルトダウンは、海の "世界最悪の"核汚染につながっている
http://www.treehugger.com/energy-disasters/fukushima-meltdown-has-led-worlds-worst-nuclear-pollution-sea.html

福島県防災世界最悪の原子力海洋汚染
http://www.youtube.com/watch?v=P5cEswpSnmM

海の福島核汚染は '世界最悪でした "
http://phys.org/news/2011-10-fukushima-nuke-pollution-sea-world.html





Copyright (C) 2012 えちごや all rights reserved

企画中のドラマ






          「明日、会長がいない」







            乞うご期待 !!










♪ お薦めブログ

Copyright (C) 2012 えちごや all rights reserved

投票にいこう !!


ニホンは今 多くの課題をかかえています

事故対応がまったく進んでいない原発の問題  エネルギー政策  TPP  憲法  などなど

もちろん 格差の問題も 以前として深刻です

この社会を どのようなスタイルにするか  デザインするのはあなたです

自分の意志を 投票行動で示す  これは国民の権利です

と同時に あなたが あなたの愛する人を守るため の義務でもあります

この国は 政治家や 企業家のために あるわけではありません

あなたや あなたの愛するひとのために あるのです

どうするかは あなたが きめることです

1013187_273015539506959_113186392_4
※ 写真はイメージです

  内容は半年前の衆議院選挙のものであって
  今回の参議院選挙のものではありません
  ポスターも主張もよく変わることがあります

  各党の主張はホームページ等で最新のものを
  ご覧になったうえでご判断ください

















♪ お薦めブログ

Copyright (C) 2012 えちごや all rights reserved

あなたは どうしますか


「自粛を求める」というおかしな言い方があります。
「平成」という年号に変わるとき、社会にそんな言葉があふれていたのをおぼえていませんか。

求められれば「自粛」とは言いません。  「強要されている」ということです。
民をコントロールしようとするキーワードのように、いつの時代でも「自粛」「自粛」「自粛」といわれるのです。

自粛・・・それは 我慢せよ 自分の気持ちを殺せ ということです。

これからのニホンではまたもやこの「自粛」という言葉が流れるはずです。
国難を切り抜けるため一致協力しよう。そのためには個人が勝手なことを言っていてはならない・・・
こんなことをコメンテーターが必ず言い出します。

体制側は常に圧力をかけ、同調するよう迫ってきます。

しかし、本当に気をつけなければいけないのはこの「圧力」なのではないのです。

「ファシズム」と闘ってきた我が党は・・・という言葉も時折耳にしますが、
私たちをファシズムに引きずり込むのは他でもない私たち自身であることも忘れてはなりません。

ひとは肉体的にも精神的にも他者との関わりなくしては生きてはいけません。
とくに孤独感にさいなまれることは精神の死を意味します。

「共同感」「帰属感」をあたえてくれる暮らしがなければ、ひとは無性に不安を覚えるのです。ここが大事なことです。
自分にとって許し難い疎外感・断絶感・乖離を感じるとき、ひとは奈落の底に落ちていく夢を見ます。
そんな無力感を麻痺させたい時こそ、最も危険な状態といえるのです。

ここにファシズムの導入口が大きく口を開きます。

みんなで渡ることで恐怖心を押さえることはできても、赤信号が危険であることに何ら変わりはないのです。
孤立や精神的な孤独からの脱却は、愛や生産的な仕事の自発性のうちに他者と結ばれていく中にこそ
見いだされなければならないものです。

権力者が演出、用意する「連帯感」の世界の中ですべてが解決していくという幻想を見せられ、
擬似的な連帯感に浸っていては自ら「滅び」の道を歩むしかありません。
擬似的な連帯感に浸っていても明るいあしたはやってなどきません。

ましてや、自由や自我を破壊するような絆で結ばれることに安定を求めるようになれば
一個人の問題にとどまらず、社会は後戻りの困難なファシズムの道を進むことになるのです。


3.11以来メディアでは「絆」「絆」と叫ばれています。
無論、社会生活を営むには他人との関わりは大切にすべきです。

しかし、社会の格差や災害地の現状がほったらかしにされたまま市民が絆で結ばれるということがあるのでしょうか。
弱者が捨て置かれたままの「絆社会」などあるのでしょうか。

体制側は市民への義務をほおりだしていることを忘れさせるため擬似的な「絆社会」を声高に叫ぶのです。
古今東西、この有り様は何も変わっていません。

しかし、大衆は疲弊しているのです。
賃金格差、地域格差・・・さらに災害ですべてを失ったひとびとは優しく声をかけてくれるひとをもとめています。
優しくしてくれる人のためなら身を犠牲にしても・・・などと考えてしまいます。
自分を追い込んでいるのがその人たちだとも知らずに。

いまは「一体感」「安心感」を渇望する時代であり、
ひとつ間違えば自由を放り出して強い連帯感をのみ追い求める危険な時代なのです。

強要される筋合いはありません。
我慢してはいけません。 自分の気持ちを殺してはいけません。 
ここは あなた と あなたの愛する人 がいきていく あなたの社会 です。

「非国民」と言われるのが嫌だというなら、
生涯にわたって後悔し続ける哀れな魂が自らの姿であることを覚悟しなければなりません。


あなたは どうしますか。






沈黙の螺旋___声をあげねば生涯にわたって後悔し続けることに・・・
http://gravitational-wave.air-nifty.com/tobenaiposuto/2013/week28/index.html#entry-77007359

うれしいですか
http://gravitational-wave.air-nifty.com/tobenaiposuto/2013/05/10/index.html#entry-76444650



♪ お薦めブログ

Copyright (C) 2012 えちごや all rights reserved

放射能の恐怖




知らないということは怖ろしいことです。


     痛みを分かち合おう


     フクシマを応援しよう


などと言って安易に放射能で汚染された食品を食べることは非常に危険です。


放射能は目に見えません。

まして原発事故は日本の社会にとって初めての体験です。対応に戸惑うのは当然です。


しかし、政府や原子力マフィアの言うことを信じていたら私たちは殺されてしまいます。

応援するのであれば避難民を受け入れることです。

私たちも一緒に被曝被害者になることではありません。


「放射線管理区域」では飲食はできません。

子供も立ち入れません。

子供を産み、育てることもできません。

その「放射線管理区域」より過酷な状況下で暮らせという国家とは何なのでしょう。

強い憤りを感じます。


除染などといっていますができるはずはないのです。

物理的にも金銭的にもとうてい出来るものではありません。利権の対象になるだけです。

チェルノブイリは結局放棄したではありませんか。


故郷を棄てることが簡単なことでないことは痛いほどわかります。

しかし、ひとの命を思うならあの日以来フクシマは無くなったと見るべきです。

原発事故とはこういうことなのです。


原子力マフィアや原発産業国のアメリカはフクシマを人体実験場ぐらいにしか見ていません。




(動画・資料)チェルノブイリ原発事故、被曝による脳への影響。中枢神経への影響が示唆されている。

日本でもラットによる、動物実験あり。

2012/04/30

http://portirland.blogspot.jp/2012/04/blog-post_4737.html


フクシマを食べて応援と言っていた女性が脳障害になり、大変な事態に・・

http://kobayashiasao.blog65.fc2.com/blog-entry-4129.html


大量の放射線を被ばくすると統合失調症が起こりやすくなるという報告からヒントを得て、

ラットの脳に放射線をあてる実験を行ったところ、

脳内の神経幹細胞数が著しく減少し、統合失調症と類似の症状が見られました。(浜松医科大)

http://www2.hama-med.ac.jp/w1b/psy/research/index.html


学会ダイジェスト:第76回日本循環器学会

2012年3月16日~18日 福岡

2012. 3. 20

東日本大震災後に心不全が有意に増加、ACS、脳卒中も

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/jcs2012/201203/524102.html


放射能による神経系の障害

http://infinitepower8.blog.fc2.com/blog-entry-9.html


神経系への放射線障害

http://merckmanual.jp/mmhe2j/sec06/ch088/ch088e.html


放射線障害

http://merckmanual.jp/mmhe2j/sec24/ch292/ch292a.html 






♪ お薦めブログ

Copyright (C) 2012 えちごや all rights reserved

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

脱原発で日本再生

ようこそとべないポストへ

更新情報はRSSリーダーでご確認ください

  • Subscribe with livedoor Reader
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ただいまの時刻は・・・

水のごとくに  無文翁

「私」という宇宙

文言で語る世界      文言でしか語れない世界

そったらことも      わからいでかの

"さんづけ"を多用する社会

危険ゾーンに入ってきた

こうして戦争へ向けた世論が形成されていく

感じませんか

紛争解決に尽力することが先だ

ユニオンジャックのガラス窓

原爆許すまじ

政に想定外はない

子どもの声が届かない

永田町住人たちの犯罪

永田町住人たちの犯罪2

その『神様』とは・・

クリーンなイメージ???

投票時間繰り上げ

私たちは騙されない

これでも放送受信契約を結びますか?

小異を残して大同につく

上意下達(じょういかたつ)

100年経っても変わらない

オリンピックはスポーツか

おせんで泣かすな

手袋をしていませんか

そもそも そもそも論が欠けていないか

風評じゃない!

何ひとつ解決できていない

誘導されていませんか? その法務行政

みんなちがってみんないい

65歳以上の独居老人に福祉は必要か?

厚労省は自由診療体制に誘導か?

奇妙きてれつ

会員No.1095

PURPLE RAIN

ニュートラルにするということ

バイタルサインを測る

異変を見逃す若者

現代詩を詠む一休禅師

沢庵和尚も浮かばれません

呆けたか 尾関宗園 

We shall overcome

ウソつかない政党

フォト

ココログの水辺

季節と共に・・・・・  アーティスト和泉淑子からのメッセージ

被災地の声

すてきな blog たち

こころ

我ら いきとしいけるもの

図書館

おすすめの本

おすすめの映画

日本の随筆

日本の詩

日本の文化

Aida____________Nikolaychuk

幸せの情景 荒木経惟

カルチャースクール   社交ダンス(初級)

Audio

中古盤 輸入盤 国内盤 アナログ盤 CD

科学の世界へ

小出裕章氏情報土曜21:00~

外国政府の検閲用FireWallを超えて、 世界に自由にアクセス

911冤罪被害者    山崎淑子さん   

主権は私たち市民に

生活の党 森ゆうこ

森ゆうこ著書

生活の党 東 祥三

いまだから 安心のフード

  • ずっと、赤ちゃん品質 | 和光堂
  • 妊娠~育児 楽しい食のおいしいサイト わこちゃんカフェ

食生活を豊かに

たいせつにしたいね   お茶のひととき

白山伏流水の恵み

からだ

香りのある暮らし

と~ってもさわやか

和泉淑子の宝石のような ギフトフラワー

園 芸

真の車をめざして

空もよう

我々はどこまで近づいたか

無料ブログはココログ

RSSを表示

RSS登録はこちらから

  • Subscribe with livedoor Reader

アクセス数

トップに戻る